Blog 凡愚ノート

そばの実

  • Share

山の畑に植えたそばが60日目です、花とそばの 実が 混在する状態であと2週間ほどで刈り取りになります。重たくて頭を垂れる今台風などが来ないように祈ります。この写真は試験的に和歌山の天野で植えています、台風大雨の度にひやひやします。まだ花が咲きながら実も付けるので刈り取りの時期がむつかしいです。

そばの実

犬島にて維新派

  • Share

犬島にて

瀬戸内アートフエスを見に、総勢11名で新幹線に乗り一路岡山へ、、岡山駅からシャトルバスで宝伝港へ、風景がどんどんローカルになっていく、気分は アートなハイになっていき、いつになく口元がほころぶ、定期船にのれば潮風と波の振動で完全に日常と離れてしまっつた、蕎麦屋であることなど忘れて、楽しんでいました。維新派の舞台は夕方の海岸での特設舞台、夕日が斜めに舞台に当たり 役者たちがいつもどうり、ア…イ…ウ…エ…オと始まる、そうそうこれこれ 、きれいやなー、何何何何、さすが松ちゃん、ア…ゆみちゃんや、いくちゃん歌うんや!、最後は瀬戸内海の海の水が満ちてきて、静かに終わりました、パチパチでした、ありがとう。

凡愚のそば畑

  • Share

凡愚のそば畑1凡愚のそば畑2凡愚のそば畑3

凡愚の契約栽培のそば畑を見に行ってきました。

凡愚の 基本その①良質の玄そばの確保、の タメには、

きれいな畑、きれいな仕事、実直な生産者 が不可欠です、

もちろん産地、日当たり、水はけ等は 必須条件ですが、

どんな仕事でも良い素材に出会えばこそ、ヤルがでます。

まわりのこと

  • Share
朝日新聞
朝日新聞

朝日新聞に載りました。

この24日朝日新聞に載りました。「味な人」太いものに巻かれず噛め

というタイトルで太切そばがテーマです、太切そば は変わり者なので

取り上げていただければありがたいです、その時「そろそろ大阪は 退け時…

」と言うセリフが出てしまい、考えては居たが活字になったのは初めてで、

さあー大変、電話が沢山かかり「いつ引っ越すねん」「変わるまでに早く行

かないと、」と、その影響で何時もよりお客さんが多くなって、

それはそれで嬉しいのですが。

そば畑

  • Share

そば畑はそろそろ花が咲き出します、2週間もあれば最初の花が咲き

普通信州などでは8月のお盆前後にそばを撒き、霜が降りる間際に刈り取ります、刈り取りの日から逆算して75日ピッタリの日を、毎年のタネを蒔く日に

決めます。四国などでは、初霜が信州より遅いので植えるのも遅くなります、各地方でそばの収穫時期が違います、だから北の北海道が一番新そばが早いです、10月には新そばです、凡愚の産地の一つ四国は12月に刈り取りです、だから新そばは12月半ばです、今回倉庫の有る和歌山の天野の里に試験的に植えました、8月末に植えそろそろ1ヶ月、4・50センチで一人前に花

がびっしり咲いています。まだまだこれからです。

まわりのこと

  • Share

今、私は「まわり」に沢山の個性的で有能な若者に囲まれています。

そんな人達との出会いや、出来事を一つずつ書き出していきたいです。

慣れないことを始めてしまって、実際戸惑っています。

 

よろしく、真野龍彦。

そばのこと

  • Share

「そばのこと」は伝えたい事や、やりたい事がいっぱいあります。

ゆっくり惜しまず、楽しくやりたいです。

ちょうど今そばの花が咲きかかっています。

そば畑と一緒にスタートします。